5
1
2
3
4

About US

廃棄物の収集運搬から
中間処理までをワンストップで。
物流企業として始まり、「運ぶ」を
追求してきた当社にご相談ください。

●産業廃棄物の収集運搬及び処分

●一般貨物の運送

事務所の引っ越しや倉庫の引き上げにかかわる運送、処分も承ります。

×
bg_chi01

promises

気持ちよくお取引いただけるよう
+アルファの価値づくりを目指します。

当社は、物流と廃棄物のプロとしてお客様のニーズにお応えし、また、事業を通して「+α」の価値をご提供すべく、企業努力を続けてまいります。

  • check

    お客様からお預かりするものは商品です。

    産廃物も商品と同様に、丁寧・確実・迅速に運搬いたします。

  • check

    お客様の手間とコストの削減に協力します。

    産廃物のワンストップサービスを目指し、手間とコストの無駄を無くします。

  • check

    お客様の産廃分野でのブレーンを目指します。

    保管場所の提案から行政報告書作成まで、プロの立場でお応えします。

  • check

    お客様の企業価値向上を支えます。

    サービス向上、コンプライアンス向上、リサイクル率向上などもサポートします。

  • check

    お客様への付加価値づくりに邁進します。

    商品の配送・取付や作業現場の美化など、お客様のお客様にも価値をお届けします。

×

プラスαの価値づくり

管理システム、各種認定の取得などの弊社の取り組みをご案内します。

◎マニュフェストデータを一元管理し、コンプライアンス向上に貢献。

廃棄物の動きを把握するマニフェストデータの管理・統計をシステム化。
廃棄物の種類や年間排出量等の統計資料をご提供し、お客様のコンプライアンス向上に貢献しています。
ご担当者様の作業負担も軽減されます。
電子マニフェストにも対応しています。

01

◎家電リサイクル券管理システム

回収時に家電4品目とリサイクル券の内容・数量を照合し、バーコード入力。
指定引取場所までの家電4 品目・リサイクル券の所在を一元管理しています。
このシステムによって、リサイクル券の紛失や欠損、返却漏れ、番号と家電4 品目の不一致等のトラブルをなくし、収集運搬の状況を正確に把握します。

02
家電リサイクル取扱いの詳細はこちら 家電リサイクル券センター

◎産廃エキスパート認定

東京都の優良性基準に適合しています。

信頼できる処理業者情報の提供を目的に、東京都指定の第三者評価機関が評価・認定する制度。2011年、当社はその最高峰である「産廃エキスパート(第一種評価基準適合業者)」に認定されました。
東京都環境公社

02

◎より環境にやさしい事業者へ。

2009年よりISO14001認定を取得。
環境負荷低減のための国際規格に適合した企業であると認められ、リサイクル率向上やCO2排出量の削減などの具体策に取り組んでいます。
JQA

04

◎Gマーク(安全性優良事業所)認定

収集運搬にもエコロジーを徹底

デジタルタコグラフ導入による安全運転・エコドライブの徹底、ドライバーへの教育徹底が評価され、貨物自動車運送業の全国組織によるGマーク認定を受けました。
全日本トラック協会

04

◎地方優良事業所表彰

功績が認められました。

産業廃棄物処理業者の模範となり、処理業界の資質向上に貢献したことが認められ、平成25年6月14日全国産業廃棄物連合会より地方優良事業所として表彰されました。
全国産業廃棄物連合会

06

産業廃棄物の収運・処分

●産業廃棄物の収集運搬

  • 廃プラスチック類
  • 木くず
  • 紙くず
  • 金属くず
  • ガラスくず
  • コンクリートくず
  • 陶磁器くず
  • がれき類
  • 繊維くず
  • 汚泥
  • 廃油
  • 廃アルカリ
  •  
  •  
  •  

●収集運搬エリア

東京都、埼玉県、千葉県、栃木県、神奈川県、茨城県、群馬県、静岡県

●産業廃棄物の中間処分 埼玉県

廃プラスチック類
合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず(廃タイヤを含む)等、
固形状・液状のすべての合成高分子系化合物。医療廃棄物を除きます。

処理フロー

draw
RPF処理について

木くず
建設業に係るもの(工作物の新築、改築または除去により生じたもの)、 木材・木製品製造業(家具製造業を含む)、パルプ製造業、輸入木材の卸売業および物品賃貸業から生ずる木材片・おがくず・バーク類等。貨物の流通のために使用したパレット等

処理フロー

draw
RPF処理について

紙くず
建設業に係るもの(工作物の新築、改築または除去により生じたもの)、パルプ製造業、製紙業、紙加工品製造業、新聞業、出版業、製本業、印刷物加工業から生ずる紙くず

処理フロー

draw
RPF処理について

金属くず
鉄鋼または非鉄金属の破片、研磨くず、切削くず等

処理フロー

draw

お引き受けできる品目はエリアによって異なります。自治体により、内容が限定されている場合があります。
許可一覧
詳しくは、許可一覧をご参照ください。

発砲スチロール

適正に減容・リサイクルします。

発泡スチロールは一定の大きさに破砕し、自社の減容施設で圧縮成形します。加熱することなく摩擦熱により処理し、樹脂が軟化する最低限の温度(120~140℃)で軟化脱泡・減容することで臭いや煙を発生させません。粉塵の飛散もありません。低温処理のため樹脂の劣化が少なく、良質の再生原料として利用できる、リサイクル効率の高い処理方法です。

  • ● 1日約100㎥を処理。発泡スチロールの大量処理が可能です。(1日8時間稼働の場合)
  • ● 低温圧縮のため樹脂の劣化が少なく、良質の再生原料になります。
  • ● 板状に圧縮成形されるため、建築・土木のボード代用品としても利用できます。
  • ● 環境負荷の少ない処理機を導入。処理時に臭いや煙・粉塵が飛散しません。
  • ● 発泡スチロールのリサイクル率は100%です。

処理フロー

処理フロー

廃蛍光灯

適正に処理・リサイクルします。

蛍光灯には有害な水銀が含まれており、割れると大気中に水銀が拡散してしまいます。やがて魚介類や農産物等に蓄積される可能性があり、ひいては人間の健康にも影響がでる危険性があるため、確実な水銀回収技術が環境負荷低減とリサイクル率向上のポイントとなっていました。各自治体では、適正に処理することができる専門業者へ依頼するよう指導していますが、まだまだ対応できる事業者は多くありません。当社では蛍光灯の破砕機を整備し、使用済み蛍光灯の適正処理とリサイクルを行っています。

  • ● 1000本/時(40W直管)の処理が可能。大量の蛍光灯も適正処理。
  • ● 真空過熱技術による回収装置で、水銀を確実に回収。
  • ● ガラス・プラスチック・金属・水銀のリサイクル率は100%。

処理フロー

処理フロー

固形燃料RPF

環境負荷の少ないサーマルリサイクルです。

RPF(Refuse Paper & Plastic Fuel)とは、単一素材としてリサイクルが困難になった古紙や木くず・廃プラスチックを原料としてつくる固形燃料です。プラスチックを原料としているため燃焼カロリーが高く、石炭やコークスに代わる燃料として注目されています。廃棄物を燃料として再利用できる上、ダイオキシン等を発生させず、残灰のない、地球にやさしいリサイクル方法です。

  • ● 1日2.08tを処理。大量の廃棄物もお任せください。(1日8時間稼働の場合)
  • ● 単一素材としては再資源化しにくい廃棄物も有効利用できます。
  • ● 内容の明確な産業廃棄物が原料なので、品質が安定しています。
  • ● 有毒な排ガスや残灰のない、地球にやさしい燃料です。

RPFの原料になる廃棄物

[古紙・紙くず]古紙、加工紙、粘着テープ、ロール紙、紙容器、包装紙など
[廃プラスチック]塩ビを除くプラスチック類。プラスチック部品、フィルム類、合成繊維など
[木くず]建築廃材、木製パレットなど

処理フロー

flow

環境負荷の少ない処理方法

pic1

RPFは、リサイクルしにくい原料を再資源化できる有効な方法です。
燃焼時の有毒ガスの発生や残灰もないため環境に負荷をかけません。

RPFの販売もしています

pic2

RPFは燃焼時のカロリーが高く、石灰やコークスに代わる燃料として活用できます。
当社では、RPFの製造、および販売も行っています。他燃料に比べ低コストです。

リサイクル家電の運搬

独自のリサイクル券管理システムで
確実な処理と情報の一元管理を実現します。

回収時に家電4品目とリサイクル券の内容・数量を照合し、バーコード入力。指定引取場所までの家電4品目・リサイクル券の所在を一元管理しています。このシステムによって、リサイクル券の紛失や欠損、返却漏れ、番号と家電4品目の不一致等のトラブルをなくし、収集運搬の状況を正確に把握します。

家電リサイクル券センター
  • 1エアコン
  • 2テレビ(ブラウン管型、
    液晶型、プラズマ型)
  • 3冷蔵庫・冷凍庫
  • 4洗濯機・衣類乾燥機

※いずれも業務用は対象外
※家電リサイクル法の対象品について詳しくは下記をご覧ください。

家電リサイクル対象機器一覧

※家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)について詳しくは下記をご覧ください。

経済産業省のページへ

収集運搬の流れ

  • 回収(品物と照合・レシート発行)

    品物とリサイクル券双方のバーコードをスキャニングし、数量・内容に間違いがないことを照合して回収いたします。

  • 指定引取場所への搬入(受領済券をスキャン)

    指定引取場所に搬入します。受領後、押印されたリサイクル券のバーコードをスキャニングすることで、運搬・搬入の状況を把握しています。

  • リサイクル券のご返却

    受領済みリサイクル券を返却いたします。リサイクル券番号及び回収~搬入(受領)~返却の日付とリサイクル券の返却枚数を記載した返却リストを提出していますので、処理の内容が一目瞭然です。

iface

ガラス工芸作家さんとコラボレーション

弊社にて適正に中間処理を行った後の蛍光管ガラスの一部は、埼玉県南埼玉郡宮代町にある『リトルヒータグラススタジオ』のガラス工芸作家 つかむらごう様とのコラボレーションにより、蛍光管ガラスの特徴を生かしたガラス製品に生まれ変わります!

キルンワークスで焼成した蛍光灯のガラスは、透明と白濁のバランス、所々に入る金銀のグリッター色、白くぼんやり光るような蓄光感等、工芸用ガラス材料では得られない独特な模様と色合いが特徴です。

リトルヒーターガラススタジオ
https://littleheater.com/

  • 作品1
  • 作品2
  • 作品3

データ破壊処理

責任をもって処理します。

破壊するハードディスクのデータは、OS上で削除しても完全には消去できません。
弊社の破壊機でハードディスクを物理的に破壊します。その為、データ漏洩は不可能、機密保持は万全です。
ご希望があればお客様の目の前でハードディスクの破壊処理をします。また、ハードディスクのほかDVD、MO、FD、携帯電話等の破壊にも対応しております。

  • ● HDDの処理時間は、1個あたり約10秒と短時間で破壊処理が可能です。
  • ● IT資産処分の適正・適法なリサイクル処理が可能です。
  • ● 廃棄セキュリティ対策がどのように処理されたかの証拠を示すことができます。
  • ● HDD、DVDその他電子記録メディアや携帯電話等をマルチに物理破壊できます。
  • ● 持ち運び可能な機械なので、出張作業にも伺います。
  • ● 電源は単相100Vですので作業場所を選びません。
  • ● 破壊処理をしたHDD等のリサイクル率は100%です。
  • ● 画像付き破壊証明書の発行も可能です。

破壊機

machine
×

サービスの流れ

サービスの流れ
×

定期回収

truck

ご要望に応じて定期回収をいたします。
他の廃棄物と組み合わせた定期巡回も可能。
頻度や車両についてはご提案。

×

かご台車(カーゴテーナ)

廃棄物の保管に必要なバスケットやコンテナ等の容器をご提案。
設置も承ります。

container
×

取得許可一覧

産業廃棄物収集運搬業許可

産廃情報ネットで業許可証の写しがご覧になれます

許可区域 汚泥 廃油 廃アルカリ 廃プラ類 紙くず 木くず 繊維くず 動植物性残さ 金属くず

ガラス・コンクリ・
陶磁器くず

がれき類 許可番号
東京都   第1300046586号
埼玉県 第01110046586号
千葉県       第01200046586号
栃木県   第00900046586号
神奈川県   第01402046586号
茨城県 第00801046586号
群馬県   第01000046586号
静岡県       第02201046586号

◎ 積替保管含む (※)限定あり(詳細は許可証参照)

産業廃棄物処分業許可

〈許可区域 埼玉県〉

許可の
種類
破砕・減容
(RPF固形燃料)
水銀加熱回収
(廃蛍光管)
溶融減容
(廃発泡スチロール)
圧縮 許可番号
廃プラ類(※1)
紙くず
木くず
廃プラ類(※2)
金属くず(※2)
ガラス・コンクリ・
陶磁器くず(※2,3)
廃プラ類(※4) 廃プラ類(※1)
金属くず(※5)
第01120046586号

(※1)廃発泡スチロールを除く (※2)廃蛍光管に限る (※3)がれき類を除く
(※4)廃発泡スチロールに限る (※5)薄板鋼板に限る

その他各種許認可

内 容 取得先 許可番号
第一種フロン類
充填回収業者登録
埼玉県 埼玉県知事 第12140042号
千葉県 12A111893
一般貨物自動車運送事業 関東運輸局 埼玉運輸支局 埼運輸第439号
関東運輸局 千葉運輸支局 千運輸第396号
古物商 埼玉県公安委員会 第431260026548
千葉県公安委員会 第441260001821
×
第1工場

第1工場

埼玉県春日部市豊野町二丁目19 番地1
敷地面積700坪 建物面積556坪(延床面積)
設備能力 RPF成型機 2.08t/日 金属くずプレス機 3.6t/日 廃プラスチックプレス機 3.4t/日

GoogleMap
×
第2工場

第2工場

埼玉県春日部市豊野町二丁目32番地18
敷地面積300坪 建物面積70坪(延床面積)
設備能力
発泡減容機 0.64t/日 蛍光管破砕機 8,000本/日(40W直管)

GoogleMap
×

2tトラック(ロングパワーゲート・ショート・平ボディ)

×

4t ウィング車(ワイドロング)パワーゲート付き

×

大型アームロール車(22㎡コンテナ)

×

3tユニック車

×

4tアームロール車(12㎡、8㎡コンテナ)

×

3tアームロール車(6㎡コンテナ)

×

4t塵芥車

×

13t 大型ウィング車(パワーゲート)

企業情報

サービスのさらなる充実と
ステークホルダのみな様との共栄を目指します。
×

ご挨拶

サービスのさらなる充実とステークホルダのみな様との共栄を目指します。

アイエフ物流サービスは、平成8年に物流企業として誕生しました。
社名アイエフの由来はif(もしも)であり、自らの可能性を拡げていく意思を表現したもの。
また当社では、「for the earth」を合言葉に、全社員一丸となって事業に取り組んでおります。
このスローガンの奥には、「for the us」という想いも込めています。それは、地球のための取り組みが自分たちの未来をつくることになるという信念、よりよい環境、サスティナブルな社会構築のお手伝いをすることによって「私たち~お客様・提携業者のみな様や社員などあらゆるステークホルダ~」の幸せをつくっていきたいという願いです。
アイエフ物流サービスでは現在、関東を中心に産業廃棄物の収集運搬、中間処理を行っており、廃蛍光灯の処理、発泡スチロールの減容、RPFへの再生など、廃棄物のリサイクルを通じて、環境保全に取り組んでおります。
今後もコスト削減、コンプライアンス、環境配慮(3R)など幅広くご提案が出来、お客様に安心してお任せいただける企業として努力してまいります。

代表取締役  佐藤 公紀

×

会社概要

社名 株式会社アイエフ物流サービス
所在地 [本社][埼玉営業所][第1工場](中間処理施設)
〒344-0014 埼玉県春日部市豊野町二丁目19番地1
TEL.048-731-1000/FAX.048-731-1110
E-mail:info@if-log.co.jp
» MAP

[第2工場](中間処理施設)
〒344-0014 埼玉県春日部市豊野町二丁目32番地18
» MAP

[千葉営業所]
〒290-0166 千葉県市原市犬成1058番地4
TEL.0436-40-5771/FAX.0436-40-5772
» MAP
設立 平成8年3月
資本金 5,000万円
従業員 100名
代表者 代表取締役  佐藤 公紀
事業内容 一般貨物自動車運送事業/産業廃棄物中間処分業/産業廃棄物収集運搬業
取引銀行 栃木銀行/千葉銀行/足利銀行/京葉銀行/武蔵野銀行/商工組合中央金庫
取引実績 家電量販店・小売店、ハウスメーカー、ビルメンテナンス業、電設工事業、倉庫物流業、産業廃棄物処理業、官公庁
設 備 車両(ドラレコ搭載、デジタコ管理)、フォークリフト、中間処理施設/破砕機、圧縮機、圧縮成形機、破砕・減容機、水銀回収装置、HDD破壊機
×

沿革

平成8年3月 埼玉県岩槻市にて会社設立(資本金1,000万円)
平成8年8月 軽貨物自動車運送業事業経営届出
平成9年4月 埼玉県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成9年6月 岩槻配送センター 業務開始(埼玉県岩槻市掛)
平成9年8月 千葉営業所開設(成田市)
平成9年11月 一般貨物自動車運送事業許可取得
平成9年12月 資本金1,300万円に増資
平成11年2月 茨城県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成11年3月 千葉県/千葉市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成11年7月 東京都産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成11年12月 本社機能を岩槻配送センター内に統合・移転
平成12年3月 神奈川県/相模原市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成12年4月 川崎市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成12年5月 横浜市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成13年3月 業務拡張に伴い越谷事業所開設、営業本部とする
平成13年11月 千葉営業所新設のため、用地取得(660坪)
平成14年3月 神奈川営業所開設(厚木市)
群馬県産業廃棄物収集運搬業許可取得
埼玉県第一種フロン類回収業者登録
平成14年4月 さいたま市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成14年5月 千葉営業所 社屋・倉庫完成業務開始
千葉配送センター(成田市)を千葉営業所に併合
平成14年10月 宇都宮市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成14年11月 栃木県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成16年3月 船橋市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成16年4月 横須賀市産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成16年5月 廃家電リサイクル法に基づくリサイクル券管理システム導入
(コンピューターによる完全管理)
平成16年7月 資本金2,000万円に増資
中間処分業許可のため、春日部市豊野工業団地内に用地取得(770坪)
平成16年10月 越谷営業所 用地取得(1,000坪、倉庫200坪)
平成16年11月 春日部営業所 社屋・倉庫完成
中間処分業申請に向け業務開始
平成17年12月 一般貨物自動車運送事業 千葉営業所新設許可
平成18年6月 全車両デジタルタコグラフ設置導入
平成18年7月 埼玉県産業廃棄物処分業(中間処分業:廃プラスチック類・破砕処理)許可取得 
埼玉県産業廃棄物収集運搬業(積替え保管含む)事業範囲変更許可取得
平成18年9月 春日部営業所に中間処理施設設置
平成18年10月 産業廃棄物中間処分業許可取得に伴い、春日部営業所を中間処理施設 春日部工場に変更
神奈川営業所を越谷営業所と統合本部業務を越谷営業所に移転
平成19年2月 さいたま市一般廃棄物収集運搬業許可取得
平成19年3月 千葉県第一種フロン類回収業者登録
平成19年11月 さいたま市岩槻区城南に社員寮完成
平成20年5月 岩槻車両基地 用地取得(600坪)
中間処分業許可取得のため、春日部市豊野工業団地内に用地取得(300坪)
平成21年2月 RKC(家電リサイクル券センター)入会
平成21年3月 ISO14001認証取得 JQA-EM6304
越谷本部【活動範囲】一般貨物自動車運送業、産業廃棄物収集運搬業
春日部事業所春日部工場【活動範囲】産業廃棄物中間処分業
平成22年2月 産廃プロフェッショナルに認定
平成22年12月 越谷事業所 安全性優良事業所認定(Gマーク)
平成23年7月 当社独自のハンディターミナル管理システム導入
(回収から請求まで一元化したコンピューター管理)
平成23年8月 資本金5,000万円に増資
平成23年12月 産廃エキスパート認定
埼玉県公安委員会 古物商取得 第431260026548
平成24年2月 埼玉県産業廃棄物処分業 事業範囲変更許可取得
春日部第2工場中間処理施設設置 業務開始
平成24年3月 静岡県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成24年4月 越谷市一般廃棄物収集運搬業許可取得
平成24年12月 埼玉県 廃棄物再生事業者登録
平成25年1月 千葉営業所 安全性優良事業所認定(Gマーク)
平成25年10月 業務拡大につき春日部市豊野工業団地内に用地取得(2,000坪)
平成25年11月 本社及び越谷事業所移転 業務開始
越谷事業所を埼玉事業所とする
春日部工場を第1工場とする 春日部第2工場を第2工場とする
平成25年12月 越谷市一般廃棄物収集運搬業許可返納
平成26年1月 さいたま市一般廃棄物収集運搬業許可返納
平成27年3月 本社及び埼玉事業所移転 業務開始
業務集約のため第1工場へ統合
埼玉事業所を埼玉営業所とする
×

組織図

organization
×

環境への取り組み

ISO14001認証を取得しています。

2009年よりISO14001認定を取得。環境負荷低減のための国際規格に適合した企業であると認められ、リサイクル率向上や事故防止などの具体策に取り組んでいます。

2
JQA
1

環境負荷の少ない処理を行っています。

発泡スチロールの減容にあたっては、回転によって発生させた摩擦熱を利用し、樹脂を軟化させる最低温度(120~140℃)で処理を行っています。低温圧縮は、処理工程で臭いや煙・粉塵を発生させません。また樹脂の劣化が少ないため良質の再生原料になります。

発泡スチロールリサイクルによるCO2削減効果

  CO2削減効果
平成27年1月~12月 232.88トン
平成28年1月~12月 228.25トン
平成29年1月~12月 250.83トン

デジタルタコグラフを導入し、エコドライブを徹底

デジタルタコグラフ導入による安全運転・エコドライブの徹底、ドライバーへの教育徹底が評価され、貨物自動車運送業の全国組織によるGマーク認定を受けました。

採用情報

詳しくは、総務人事担当者まで、お気軽にお問合せください。
総務人事担当 TEL 048-731-1000

 

お問合せフォーム

お問合せ内容
廃棄物の内容
およその量
ご担当者様名
ふりがな
お電話番号
FAX番号
メールアドレス
御社名
業種
ご担当部署
所在地
当社のプライバシーポリシーに